ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
サイドナビゲーションへ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

トップページ > 新公会計制度・決算 > 東京都の新たな公会計制度 > 「公会計改革白書」について

「公会計改革白書」について

平成22年11月、東京都は大阪府と共同で、これから会計制度の改革に取り組んでいく自治体の参考となるように「公会計改革白書」を作成しました。

会計制度の改革を進めていくには、複式簿記・発生主義会計の利点や必要性を正確に認識することが前提となることから、本書では、日本の公会計の現状や課題の分析、近時の海外事例の調査などを行っています。また、今後の公会計制度改革の検討の方向性についても提言しています。

  • 概要  (PDF:201KB)

公会計改革白書

第1編 自治体の会計と企業会計

第2編 我が国の自治体の公会計

第3編 国際的な状況

第4編 自治体における公会計制度の今後のあり方について (PDF:1,958KB)

資 料

お問い合わせ先

会計管理局 管理部 会計企画課 新公会計制度係 
03-5320-5963(直通) 
s0000539(at)section.metro.tokyo.jp
※(at)を@に替えてご使用ください。 

〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 
東京都庁第一本庁舎南塔36階

ここからフッターメニューです